2016年4月20日水曜日

Four Weddings and a Funeral by Richard Curtis

[タイトル]
Four Weddings and a Funeral

[出版社]
Penguin Readers

[レベル]
 5

[感想]
結婚には特に興味がない主人公Charlesが、友人の結婚式で偶然で出会った女性に一目惚れし本当の愛を3つの結婚式と1つのお葬式を通して見つけていくという話です。いくつもの複雑な関係図の男女が最後にはそれぞれの幸せを見つけるハッピーエンドの話です。恋バナの大好きな女の子なら簡単に楽しんで読み終えられると思います。

[印象的な英語表現]
He was my North, my South, my East and West,
My working week and my Sunday rest,
My noon, my midnight, my talk, my song
I thought that love would last for ever: I was wrong.

愛する人を突然失ったときに恋人が残した言葉です。
彼は自分の人生の全てだったということを上手に表現しているなと心に響く表現でした。

[投稿者]
26Hanachan