2017年6月6日火曜日

Pirates of the Caribbean Dead Man’s Chest

【タイトル】
Pirates of the Caribbean
Dead Man’s Chest

【出版社】
Penguin Readers

【レベル】

【感想】
ファンタジー溢れる海賊の物語であるこの本は、世界的にヒットしたシリーズ物の映画です。風変わりな主人公Jackが悪知恵を働かせたり、人と駆け引きしたりして財宝などを手に入れたりするところが海賊らしく、世界観の描写がされているため読んでいて引き込まれるような作品です。

【印象的な英語表現】
shake one’s headというフレーズがよく出てきました。首を横に振るという意味で、否定を示す行為です。日本語では同意の際には首を縦に振ると言いますがこの時はshake が用いられずnodが用いられます。また、首はneckではなくheadとして表現されています。直訳するのではなく、一つのフレーズとして覚えて使用することが大事であることを感じました。

【投稿者】
A.S

【ポイント】
合計15 

William Shakespeare: Othello

【タイトル】
Othello

【出版社】
Penguin Readers

【レベル】

【感想】
ヴェニスの黒人将軍のオセロは、嫉妬という点以外は完璧な人だった。しかし、イアゴが、自分が昇進できず、オセロに復讐を始めた。その欠点を見抜き、オセロの妻デスデモーナに浮気の濡れ衣を着せオセロを嫉妬させる。結局オセロは自分の手で無実の妻を殺してしまい、無実だったことを知り、自分で自殺してしまう。

【印象的な英語表現】
Wait. A word or two before you go. I have been a faithful solder for Venice. Well, all that is finished now. Do nottry to excuse what I did. I killed my love, and now I must die.
これは、妻が浮気などしていなかったのだという事実を聞かされ、自分を責め、もう死ぬしか選択肢はないという状況に陥っている。最後の決断を迫られた場面のオセロの言葉だ。

【投稿者】
K.I

【ポイント】
合計 15


Sir Arthur Conan Doyle: The Patient

【タイトル】
The Patient

【出版社】
Penguin Readers

【レベル】

【感想】
有名な推理小説作家Arthur Conan Doyleの作品。みんなが自殺だと思っていた事件が実は殺人事件であることをSherlock Holmesが謎を解き明かす。過去の事件との恨みによって犯行が行われていた。

【印象的な英語表現】
No complete account of the Brook Street mystery has ever been given to the public until now.
この一文でThe Patient締めくくられている。はっきりと明示してないが、謎が起こらないというのは、Sherlock Holmesがいて、謎を解明しているがらであるという意味が隠されているので面白いなと思った。

【投稿者】
K.I

【ポイント】
合計 12

Lewis Carroll: Alice in Wonderland

【タイトル】
Alice in Wonderland

【出版社】
Penguin Readers

【レベル】

【感想】
イギリスの作家Lewis Carrollによって書かれた有名な作品です。この続編には「鏡の国のアリス」がある。ある日、アリスが白いウサギを追いかけていると変な世界に入ってしまう。ケーキを食べると体が大きくなったり、drink meと書かれた液体を飲むと逆に体が小さくなってしまったり、おかしなことがたくさん起こる。現実の世界では起こりえないことがたくさん起こる面白い一冊です。

【印象的な英語表現】
I can’t go back to yesterday because I was a different person then.
とてもいい言葉で私の好きな言葉である。アリスは常に変化を求めていて、とても重要なことだと思った。

【投稿者】
K.I

【ポイント】
合計 7


Joseph Sheridan Le Fanu: The Woman in the Black Coat

【タイトル】
The Woman in the Black Coat

【出版社】
Penguin Readers

【レベル】

【感想】
アイルランドが舞台のこの作品。あるお金持ちの家族に姉妹がいたが、結婚した姉が病気で死んでしまう。妹は悲しみにふけっていたが、結婚して故郷を離れて旦那と暮らすことで元気を取り戻したが、夫の屋敷には夫の元妻の幽霊がいた。妹が新しい嫁になったと幽霊が知ると、嫉妬し、屋敷から出ていかないと殺すと脅し、妹は故郷に戻った。そこにいた姉の幽霊が、屋敷の幽霊は一生屋敷で新しい嫁が来るのを待っているという。

【印象的な英語表現】
Martha’s face went white with fear.
英語では、恐怖に陥ったときは顔が白くなると表現するのが面白かった。日本語の場合は真っ青になると言うので表現の違いがあるのだと思った。

【投稿者】
K.I

【ポイント】

合計 5

Henry James: The Turn of the Screw

【タイトル】
The Turn of the Screw

【出版社】
Penguin Readers

【レベル】

【感想】
Henry Jamesというアメリカ生まれ、イギリスで生活していた作家のもっとも有名な作品の一つである。タイトルを日本語訳すると“ねじの回転”。女家庭教師が新しい家にやってきた。しかし、彼女の待遇はすごく良い、それには深い理由があって、過去に亡くなった家庭教師がその家の子供を新しい女家庭教師から奪おうとしていた。女家庭教師は、そんな幽霊から子供たちを守ろうとするが、、、
最後まで結末が気になる物語でした。

【印象的な英語表現】
I realized what I was holding. I was holding a dead child, not a living one.
この部分は、女家庭教師が、子どもをghostから守るために抱きしめていたのに、気付いたら子どもは死んでいたという最後のクライマックスのシーンで、dead child の表現でも十分に理解できるのに、あえてliving oneというのを増やしてもう生きていないということを強調している。

【投稿者】
K.I

【ポイント】

Charles Dickens : A Tale of Two Cities


【タイトル】

A Tale of Two Cities

【出版社】

PENGUIN READERS

 【レベル】


 【感想】

 パリ革命を舞台に悲しき恋の物語が幕を開ける。ある1人の女性Lucieに恋をしたよく似た顔のDarnayCartonLucieと結ばれたのはお金持ちの貴族であるDarnayであった。幸せな生活も束の間、過去に父や叔父が犯した罪がDarnayになすりつけられ、彼は死刑を宣告される。悲しみに暮れるLucieを救うために、Cartonがとった驚くべき行動と彼の愛情深さに釘付けになる作品。

 【印象的な英語表現】

I see Lucie, an old woman, crying for me as she remembers this day.

CartonLucieに対する真実の愛がこの言葉に全て込められているように感じ、胸が熱くなったから。

 【投稿者】

すまいる